おすすめスポット

雑司が谷全域マップ

関連施設

雑司が谷案内処

雑司が谷の歴史を知りたかったり、観光のための情報がほしかったりしたら、まずはここがおすすめです。鬼子母神の参道のケヤキ並木沿い、古くから佇む並木ハウスアネックスをリノベーションした一室にあり、雰囲気も素敵です。2階は展示ギャラリーになっていて、雑司が谷に関連したアート作品が展示されています。(MAP青1)

雑司が谷みみずく公園

鬼子母神の隣りにある公園。周辺とも馴染むデザインで、子どもも大人もゆっくりできる空間です。トイレ休憩にもおすすめ。(MAP青2)

雑司が谷地域文化創造館
(千登世橋教育センター内)

雑司が谷地域の方々の生涯学習の活動拠点であり、活動を通して交流を深め、地域コミュニティの形成を図っています。さまざまな活動をするグループに会議室、さらには、音楽室、美術室、工作室(陶芸釜あり)、舞台稽古のための練習室の貸し出しもしています。事務所隣には、雑司が谷図書貸し出しコーナーもあります。案内処の運営母体でもあります。(MAP青3)

区民ひろば南池袋

区民ひろばは、赤ちゃんからお年寄りまでどなたでも利用できる施設です。地域コミュニティの拠点として、地域の皆さんで組織している運営協議会が設置され、雑司が谷・南池袋の特性を活かしながら、様々な事業を企画・実施し地域の活性化を目的に活動しています。また、日曜開館を実施しており、月曜日から日曜日までいつでもご利用できます。(午前9時から午後5時 休館日:祝日、年末年始) (MAP青4)

そのほかの施設

明桂寮

日本女子大学には、建築家左藤功一が設計した建物が3棟ありました。そのうちの一棟である明桂寮(1927年~)が、雑司が谷1丁目にある寮地区の中に残されています。休寮中ですが、関東大震災後に数多く建てられた始めた鉄筋コンクリート造建築の一つ。とても丁寧に細部までデザインを施した、ヒューマンスケールなつくりの建物です。生ゴミからメタンガスを発生させて調理をする最新の設備も導入されました。詩聖タゴールも訪れた、歴史ある建物です。

  • アクセス:非公開

日本女子大学住居学科学生による
雑司が谷おすすめスポット@ぞうしガヤガヤたんけん

雑司ヶ谷旧宣教師館

雑司が谷旧宣教師館は明治40年にアメリカ人宣教師マッケーレブの居宅として建てられました。19世紀の一般的なアメリカの住宅を模しており、当時の日本では珍しい建物でした。建物の中にはマッケーレブの活動の紹介や雑司が谷の歴史について展示してあります。

マッケーレブは日本に滞在中、キリスト教の伝道と幼児教育の普及に努めました。

地域の皆さんの運動によって保存・再生・公開された場所であり、日本女子大学の関係者も運動に関わりました。AY

雑司が谷三角ひろば

『休憩しよう』!つむりきねかさんによる愛らしい壁画が目を引く休憩スペース。ポイ捨てが多かった自販機の周りを“NPO雑司が谷ひろばくらぶ”の方々が所有者の方と相談の上で清掃し’19年1月に完成。まさに地域で作った憩いの場です。地面をよく見るとフクロウの落し物、と思いきや出っ張った杭につまづかないようにするためのユニークなデザイン。雑司が谷散策の合間に、フクロウと一緒に一息つきましょう。ただし、NO SMOKING!MW

 

  • アクセス:副都心線「雑司が谷」駅出口1より区役所方面へ線路沿いに歩いてすぐ
  • http://zoshigaya.club/

手創り市

鬼子母神と大鳥神社で毎月第3日曜日に手創り市が開催されています。創り手の想いが込もった手創りの工芸品や食べ物が並びます。創り手と買い手が顔を合わせながら直接意見を交わすことができる場は少なく、遠方からも多くの方が足を運び出品しています。今回はやきもち部が参加作家の器を自分で選びおしるこをいただける体験を行なっており、器に親しみ、味わうことのできる良い機会でした。YA

高砂湯

雑司が谷で唯一残っている80年以上の歴史ある銭湯、地域の人々に愛され、営業前から並んでいる常連のお客さんもいらっしゃいます。
周囲に高層の建物がない場所なので、浴場の天井は高く開放的な大きな窓が印象的です。
お釜型のドライヤーや体重計など、昭和を感じるレトロな雰囲気が現在も残されています。
1951年に現在のオーナーのお祖父様が開業して、2度の工事を経て現在の姿に至ります。
その後1996年、2度目の改装時に、洗面台、長椅子やテレビ台など、木目の色合いが温かい内装になりました。MS

  • 所在地:〒171-0032 東京都豊島区雑司が谷1-5-3 >Google map
  • 電話番号:03-3981-2374
  • アクセス:副都心線「雑司ヶ谷」駅下車徒歩8分
  • 営業時間:17:00-23:30

としま案内人雑司ヶ谷

豊島区の雑司ヶ谷地区を案内するボランティアガイドの団体で、2011 年6月から活動されています。雑司ヶ谷の見どころの鬼子母神堂、雑司ヶ谷霊園、雑司が谷旧宣教師館の案内や、 昭和の初期まで流れていた弦巻川の跡を歩くコースなどがあります。また年3回のイベントコースも用意されています。江戸時代の図会や写真と比較しながらまちを散策することで 雑司ヶ谷の歴史と文化への理解が深まり、まち歩きがより楽しくなります! MY

鬼子母神大門欅並木保存会

雑司が谷を愛好する人々の声を受けて、並木保存の運動が地元有志の協力を得て高まり『鬼子母神大門欅並木保存会』は昭和15年に発足しました。「後世に欅並木を残したい」という思いで未来遺産として保存、愛護のために尽力されています。交渉窓口、資料収集、清掃活動等により樹齢450年にも及ぶ都指定天然記念物の木を含め、美しい並木の景観と歴史は受け継がれています。並木道の木陰は、暑い夏の日差しを遮り、5℃程気温が低いです。涼しい風が吹き、心地よい場となっています。AH

並木ハウス

並木ハウスは欅並木参道中ほどの路地を15M入った場所に位置する木造賃貸アパートです1953年に建設され、手塚治虫が結婚し初台に新居を構えるまでの間、トキワ荘から移り住んでいたことで有名です。この建物は2009年に居ながら修復工事が実施され、内部の耐震工事は空いた部屋から行われました。周辺環境が大変静かなことから、現在はアーティストの作業場等としても利用されています。採光のための室内窓や、各部屋のドアノブやレターボックスといった金具は当時から変わらぬ姿を残しています。YW

  • 所在地:東京都豊島区雑司が谷3-19-5 
  • アクセス:東京メトロ副都心線「雑司が谷」1番出口都電荒川線「鬼子母神前」から徒歩1分

並木ハウスアネックス

並木道沿いに立つ1932年築の五軒長屋。2008年に外観を残した改築が行われ、建築保全活用のモデルとしても貴重な建物です。2018年、並木ハウスと共に国の有形登録文化財に登録されました。2階部分の壁面は、高い木々と交差して美しい景観を作り上げています。現在、この建物にはキアズマ珈琲や雑司が谷案内処等の施設が入っています。昔は店舗兼住宅で、1階は印刷屋や板金屋等の職人の作業場、2階は住戸として使われていました。オーナーの砂金氏は、並木道を通る人々が気軽に立ち寄る場になることを願っています。 AH

  • 所在地:東京都豊島区雑司が谷3-19-5 
  • アクセス:東京メトロ副都心線「雑司が谷」1番出口都電荒川線「鬼子母神前」から徒歩1分
SHAREFacebook twitter Google+ LINE